×

9 : 00 ~ 18 : 00
定休:土日・祝日
TOP

物流機器の販売・レンタル・総合サービス|株式会社ワコーパレット

電話番号アイコン
フリーダイヤル0120-722-850

COLUMN 物流コラム

2023/04/01

ロールボックスパレット(カゴ台車)とは?メリットや注意点、選び方も解説

「ロールボックスパレット(カゴ台車)/ 当社商品:カーゴプレスタ」は物流業界だけでもさまざまな現場で使用されています。一般的な平パレットよりも立体的に物品を積載でき、一度に多くを運べる点が特徴です。ロールボックスパレットはメリットが多いですが、使用する際に注意すべき点もあります。そのため、特徴を把握し自社に適したものを選ぶ必要があるのです。

そこで今回は、ロールボックスパレットとはどのようなものかを紹介します。メリットや注意点、選び方についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

カーゴプレスタの販売商品一覧はこちら

カーゴプレスタのレンタル商品一覧はこちら

ロールボックスパレット(カゴ台車)とは

ロールボックスパレットとは、一般的に3つの面が柵で構成されているキャスター付きのパレットのことで、「カゴ車」「カゴ台車」「カーゴテナー」などとも呼ばれる種類です。台車とパレット両方の機能を持っており、人の手でも簡単に物品を移動できたり、ラックの代わりとしてそのまま商品を保管できたりします。

物流業界の中でも使用シーンは変わり、販売まで行っている施設であれば商品の保管から売り場への移動に活用します。また、トラックを持つ倉庫であれば物品を保管している場所から積込場までの搬送に使用されるのです。

なお、一般的なロールボックスパレットは折りたたむこともできるため、使用しないときはコンパクトに保管可能です。

ロールボックスパレット(カゴ台車)を使うメリット

ロールボックスパレットにはさまざまなメリットがあるため、物流拠点だけでなく店舗などでも使われています。現状の作業効率を高めるためにも、ロールボックスパレットを使うメリットを把握し、適切な場所に導入すると良いでしょう。ここでは、ロールボックスパレットを使用するメリットについて紹介していきます。

荷崩れしにくく多くの荷物を運べる

ロールボックスパレットは一般的な平パレットと違い3つの面に柵がある立体的な構造であるため、物品を重ねて積んでも荷崩れしにくいです。バランスを崩してパレットからはみ出る心配がないことから、多くの荷物を一度に運びやすいでしょう。

また、重い荷物を下に置き軽いものを上に積むことでバランスが取りやすく、多くの物品を載せられます。他にも、中間棚の設置により重さが違う物品を別々の段に載せることも可能です。

軽い力で運べる

ロールボックスパレットにはキャスターが付いているため、積載重量に対して軽い力でも移動できます。本来であれば運ぶのに苦労する物品でも、ロールボックスパレットを使うことで効率良く搬送できるでしょう。

重量によっては女性や力が弱い人でも動かせるため、作業の負担を軽減できる点もメリットです。そのため、スーパーなどの店舗でも商品棚・品出し台としても利用されています。

コンパクトに保管できる

ロールボックスパレットはサイドバーを外して底板を上げることでそれぞれの柵を折りたためるため、コンパクトに保管できます。平パレットなどの場合はたたむことができないため、パレットの大きさと同じだけの保管スペースが必要です。

ロールボックスパレットはたたむことでコンパクトになるため、複数台使う場合でも保管スペースをそこまで圧迫しないでしょう。

ロールボックスパレット(カゴ台車)利用時の注意点

ロールボックスパレットを使用する際は、下敷きや衝突による事故が発生する可能性を考慮し、注意して取り扱わなければなりません。実際にロールボックスパレットによる事故は多く発生しており、厚生労働省では「ロールボックスパレット使用時の労働災害防止マニュアル」を公開しています。

ここでは、ロールボックスパレットを使う際の注意点を解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

足が下敷きになる

ロールボックスパレットにはキャスターが付いているため、転がしながら効率良く移動できます。しかし、何も載せていないパレットでも30kg~50kgほどの重量があるため、キャスターの前に足を置いていると轢かれてしまい怪我をする恐れがあるため要注意です。

物品を載せているものであれば数百kgを超えることもあるため、足が下敷きになると大怪我に繋がるリスクは高まります。パレットを移動させるときは、キャスターの動線に足が入らないよう注意してください。

また、段差・傾斜がある場所では足が下敷きになる可能性が高まります。危険性が高い場合は安全靴を履くなど足を守る工夫が必要です。

ロールボックスパレットが倒れる

ロールボックスパレットは3つの柵がついているため、物品の配置を整えながら載せることで高く積めます。しかし、物品を高く積むとバランスが悪くなり、転倒するリスクが高くなるため注意してください。

作業者がロールボックスパレットの下敷きになる可能性があるだけでなく、転倒した先に人や物があれば大きな事故に繋がりかねません。物品を高く積まない場合でも、段差や傾斜により転倒するリスクが高まるため要注意です。

他にも、キャスターの車輪部分に何か物が挟まると意図せずに急ブレーキがかかってしまい、倒れる可能性もゼロではありません。そのため、ロールボックスパレットを使用する際は転倒しないよう積み過ぎに注意し、キャスターに物が挟まらないように作業場の清掃・整頓を心掛ける必要があります。

人、物、壁に衝突する

ロールボックスパレットは扱い方を誤ると、作業者の手を離れて勝手に動いてしまう可能性があります。特にパレットで移動する経路が緩やかな傾斜になっている場合、手を離してしまうとそのまま動き続けてしまいます。

パレットの進行方向に人・物・壁があれば衝突し事故が発生する危険性があり、特に積載重量が大きくなるほど被害は拡大する傾向があるため注意してください。パレットに積むものが重い場合は、1人ではなく複数人で移動するなど方法を工夫する必要があります。

カーゴプレスタの販売商品一覧はこちら

カーゴプレスタのレンタル商品一覧はこちら

ロールボックスパレット(カゴ台車)選定のポイント

ロールボックスパレットにはさまざまな種類があるため、自社に適したものを導入するためにも選び方を押さえておきましょう。用途や予算以外にも選ぶポイントがいくつかあるため、どのような点を意識すれば良いかを紹介していきます。

ロールボックスパレット(カゴ台車)のサイズについて

ロールボックスパレットのサイズによっては、倉庫・工場内での取り回しが異なるため、取り扱う物品の種類や量に応じて選びましょう。サイズが大きいほどより多くの物品を運べますが、エレベーターに乗らなかったり、通路の幅に合わなかったりすることがあるため注意してください。

例えば、サイズは小さいものでも通路に2台収まる幅であれば、お互いのパレットの邪魔にならずに物品を運べます。そのため、荷物のサイズだけでなく通路などロールボックスパレットを使用する場所も考慮して選んでください。

材質

ロールボックスパレットの柵の部分は基本的にスチール製ですが、底板はスチール製と樹脂製のものがあります。スチール製の底板は穴がないため、隙間から物品が落ちる心配はありません。また、頑丈であることから重い荷物の移動に適しています。しかし、長く使うとサビが発生し劣化する点はデメリットです。

樹脂製の底板はスチール製のものと比較すると軽量であり、サビにも強いです。そのため、水気が多い場所で使う際に適しています。しかし、スチール製よりも頑丈さに欠けるため、物品の載せ方によっては壊れる恐れがある点には注意してください。

キャスターの種類

ロールボックスパレットのキャスターにはいくつか種類があり、固定キャスターと自在キャスターの組み合わせによって決まっています。固定キャスターが使われているものは垂直方向にしか移動できませんが、直線移動が安定しています。

自在キャスターのみで構成されているものはどの面からでも自由に動かせますが、操作が難しく走行が安定しにくいことから曲がり角が多い場所での使用に適しています。 

当社のロールボックスパレット(カゴ台車)を紹介

ワコーパレットでは、使いやすさを追求した「カーゴプレスタ」を提供しています。ワンタッチで組み立てでき、折りたたみ収納が可能です。中間棚や保冷カバーなどのオプションパーツも豊富にあるため、自社の利用シーンに合わせて利用できるでしょう。

【カーゴプレスタのラインナップ】

商品名商品画像特徴
カーゴプレスタ 観音扉仕様 左右の扉が開く観音扉付タイプです。
カーゴプレスタ ダブルゲート仕様上の扉が開くダブルゲート付タイプです。
カーゴプレスタ  SGメッキ仕様スチールフレーム部にSGメッキ処理を施し、耐食性を向上させました。
プラパール内張りボード付軽くて強いプラパール内張りボード付。ワンタッチで取付けられる簡単設計です。
樹脂ネット貼り丈夫な素材の樹脂ネットで荷物や商品を保護します。樹脂ネットはインシュロック止め。

カーゴプレスタの販売商品一覧はこちら

カーゴプレスタのレンタル商品一覧はこちら

まとめ

この記事では、ロールボックスパレットの特徴について紹介しました。ロールボックスパレットは柵とキャスターが付いているため、多くの物品を一度に効率良く運べます。しかし、足が下敷きになるなどの事故が発生するため使用の際は注意しなければなりません。

また、ロールボックスパレットにはさまざまな種類があるため、自社に適したものを選びましょう。最適なものを使い、業務の効率化を図ってみてください。

ロールボックスパレット(カゴ台車)の商品詳細

カーゴプレスタ

画像のアイコン

床板プラスチックタイプ WKP-8565

製品仕様
品番 WKP-8565
外寸法(mm)
間口(W)×奥行(D)×高さ(H)
850×650×1700
内寸法(mm)
間口(W)×奥行(D)×高さ(H)
790×595×1450
仕様 標準L型
標準キャスター 150φゴム車輪 / 自在×2
自在ストッパー×2
本体色 ベージュ
自重(kg) 38
積載荷重(kg) 500

CATALOG

カタログ
総合カタログ (搬送機器)
総合カタログ (搬送機器)
総合カタログ
31ページ[ 6.0MB ]
カーゴプレスタ
カーゴプレスタ
搬送機器 / 台車
8ページ[ 3MB ]
ワコーパレットストアワコーパレットストア

CONTACT

お問い合わせ